米ブラックストーン:10-12月は56%増益、不動産投資益が寄与

世界最大のプライベートエクイテ ィ(PE、未公開株)投資会社、ブラックストーン・グループの2010 年10-12月(第4四半期)決算は、利益が前年同期比で56%増加し た。不動産投資の評価額上昇が寄与した。

3日のブラックストーン発表によると、07年の同社新規株式公開 (IPO)に関連した一部コストを除いた利益は5億1270万ドル (約420億円、1株当たり46セント)。前年同期は3億2940万ド ル(同29セント)だった。ブルームバーグがまとめたアナリスト7人 の予想平均は1株当たり30セント。

スティーブン・シュワルツマン最高経営責任者(CEO)率いる 同社は、商業用不動産市場の回復のほか、ヒルトン・ワールドワイド を含むレバレッジドバイアウト(LBO、買収先の資産を担保とする 資金借り入れによる買収)で保有した資産に関連した価値上昇の恩恵 を受けている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE