ルービニ教授:FRBは米成長の持続を重視、政策金利は長期据え置き

米ニューヨーク大学のヌリエル・ ルービニ教授は、米連邦準備制度理事会(FRB)はインフレ抑制より 米国の経済成長持続を重視しているとの見方を示した。

モスクワでの会議で発言した。同教授はまた、FRBが政策金利を 「長期間」低水準に据え置くと予想した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE