ルービニ教授:中国などに「ハードランディング」のリスク

信用危機を予想したことで知られる 米ニューヨーク大学のヌリエル・ルービニ教授は3日、中国など新興 市場国・地域がインフレ抑制で利上げを開始するのに伴い、「ハードラ ンディング」に直面するリスクを抱えていると警告した。

ルービニ教授はモスクワでの会議で、一部の「新興市場国・地域 で景気が過熱している」とした上で、インフレが加速する中で、金融 引き締めの対応が後手に回っていると指摘。「インフレ抑制よりも成長 に重点を置くロシアや他の多くの新興市場国・地域はインフレが手に 負えなくなれば、今年半ば以降に追加的な引き締めを迫られる」と予 想した。

同教授は、成長が過熱し、物価上昇スパイラルの制御が利かなく なれば、「ハードランディングのリスクがある」と語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE