新生銀:今期純利益430億円に上方修正-劣後債など特殊要因

新生銀行は今期(2011年3月期)の 連結純利益予想を430億円に上方修正すると発表した。劣後債、優先出 資証券の買い戻し益計289億円計上などが要因。同時に開示した同年4 -12月期の連結純利益は前年同期比188%増の641億円と通期予想の方が 少ないが、これは11年1-3月期が赤字見込みのため。

4-12月期は、本業のもうけを示す連結実質業務純益は同9.9%増 の1336億円。与信費用は493億円と同623億円から2割改善した。1 -3月期はノンバンク事業で「過払い」利息返還損失引当金を積み増す などの保守的な処理により赤字を予想している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE