東レ株一段高で1年半ぶり高値に、今期業績を増額-市場予想上回る

繊維大手の東レ株は、午後1時の決 算発表後に一段高。一時前日比5.3%高の581円と2009年8月13日 以来、約1年半ぶりの高値を付けた。コスト削減などで収益性が改善、 今期(2011年3月期)業績予想を増額修正したことが好感された。

新しい通期の連結業績予想は、本業のもうけを示す営業利益が前 期比2.4倍の960億円で、前回予想(830億円)から16%の上方修正。 ブルームバーグ・データによると、担当アナリスト17人による事前予 想の同平均値は843億円だったため、会社側の新計画値はこれも14% 上回った。情報通信材料・機器事業やプラスチック・ケミカル事業が 好調に推移、営業利益率が6.3%と前期から3.4ポイント上向くと見 ている。

午後1時15分現在の出来高は2685万株。午後1時の決算発表か ら約15分間で1679万株が約定、全体の63%を占めた。過去1年間の 1日当たり出来高の最高は、昨年6月1日の4424万株。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE