タレブ氏:ロシアに安心感-赤字拡大の米とバブル懸念の中国に警戒感

ベストセラーになったビジネス書「ブ ラック・スワン」の著者、ナシーム・タレブ氏は、拡大を続ける米財 政赤字と中国の資産バブルのリスクを考慮すると、相対的にロシア経 済に安心感を覚えるとの見解を示した。

タレブ氏は2日、ロシアの投資銀行トロイカ・ダイアログがモス クワで開催した会議で、「将来に目を向けると、ロシアのような国に安 心感を覚える」と語った。その上で「中国には若干の不安、米国には 多大な懸念」を抱いていると指摘。ロシアは「数百年にわたって複数 の危機」を乗り越えてきており「打たれ強い」が、米国は「衝撃に対 し持ちこたえられない」と述べた。

米連邦準備制度理事会(FRB)は景気刺激に向け量的緩和第2 段として6000億ドル(約49兆円)規模の国債購入を進めている。中 国では温家宝首相が不動産投機の抑制に取り組む姿勢を強調し、中国 人民銀行(中央銀行)は昨年10月半ばから2回の利上げと相次ぐ預金 準備率の引き上げでインフレ抑制を図っている。

同氏は、米国の財政赤字はギリシャの財政問題よりも深刻だと指 摘。米国は赤字を、「ドル紙幣の増刷」と、米国債を購入しようという 愚か者を集めることで穴埋めしていると語り、従って米国の状況は極 めて脆弱(ぜいじゃく)だとの見方を示した。

ロシア財務省はこの日、2013年償還のルーブル建て国債を532億 ルーブル(約1500億円)起債した。同国中銀の資料によると、この種 の中期債発行としては統計がさかのぼれる03年以降で最大規模。ロシ アのクドリン財務相は、同国財政赤字の国内総生産(GDP)比は9.5% と発表している。

サマーズ前米国家経済会議(NEC)委員長はこの日、モスクワ で、米経済はエコノミスト「予想のコンセンサス」である3%水準よ り高い成長率を達成する見込みだと語った。加えて、米国が今後数年 間は世界的な回復に「大きな弾み」を提供するとの見解も示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE