吹雪が米国各地で猛威-空の便数千便に影響、シカゴでは記録的降雪

米国では中西部からメーン州にか けての地域が吹雪に見舞われ、空港では数千便が欠航し、シカゴは過去 3番目の降雪を記録した。ミシガン湖沖では風速毎秒31.3メートルの 強風が吹き、同湖沿いの道路が閉鎖され自動車やバス数百台が影響を受 けた。

ニューヨーク市でも吹雪で街路が凍結。全米各地で学校が休校とな ったり、鉄道の運行本数が減らされたりした。

ウェザー・アンダーグラウンド(ミシガン州)の共同創業者、ジェ フ・マスターズ氏は「全米の3分の2の地域が吹雪の影響を受けた」と 指摘。「シカゴに関しては、これほど強い風が吹き、これほどの量の雪 が降ったことはかつてなかった」と述べた。

同氏によると、吹雪の大部分は中西部の北側を抜けカナダに進んで いる。米気象庁(NWS)は、ニューハンプシャー州とメーン州の山間 部で豪雪を予想している。

NWSの副ディレクター、ローラ・ファージョン氏は連邦緊急対策 担当者の電話会議で、今回の吹雪は記録的なものだったと指摘。「気象 当局は122カ所あるが、今回はそのうち50カ所以上が警報を発令した。 シカゴは過去3番目の大規模な吹雪に見舞われた」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE