三菱UFJ:4-12月純利益2.5倍の5518億円-与信費用減少

三菱UFJフィナンシャル・グルー プの2010年4-12月期連結純利益は、前年同期比154%増の5518億円 だった。与信費用の大幅減などが要因。通期目標は消費者金融子会社ア コムの経営環境が不透明なことなどから5000億円を据え置き、それに 対する達成率は100%を超えた。東証で3日開示した。

本業のもうけを示す連結業務純益は同25%増の1兆2321億円。資 金利益は同9.4%減の1兆4964億円と伸び悩んだものの、金利低下局面 をとらえた国債等債券関係損益が同3.4倍の2141億円に上りカバーし た。与信関係費用は同6割減の2488億円と大幅に改善した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE