2月2日の米国マーケットサマリー:国債下落、ADP雇用増で

ニューヨークの為替・株式・債 券・商品相場は次の通り。(表はNY午後4時現在)

為替 スポット価格 前営業日 ユーロ/ドル 1.3806 1.3829 ドル/円 81.56 81.35 ユーロ/円 112.59 112.51

株 終値 (暫定値) 前営業日比 変化率 ダウ工業株30種 12,041.97 +1.81 +.0% S&P500種 1,304.03 -3.56 -.3% ナスダック総合指数 2,750.16 -1.03 .0%

債券 直近利回り 前営業日比 米国債2年物 .66% +.06 米国債10年物 3.48% +.04 米国債30年物 4.62% +.01

商品 (中心限月) 終値   前営業日比  変化率 COMEX金(ドル/オンス) 1,332.10 -8.20 -.61% 原油先物 (ドル/バレル)  90.95 +.18 +.20%

◎外国為替市場

ニューヨーク外国為替市場では、ユーロがドルに対してほぼ3カ 月

ぶりの高値から下落。欧州の救済基金である欧州金融安定ファシリテ ィー(EFSF)が高債務国による国債買い戻しの資金を貸し付ける 案をドイツが認めないとしたことから、域内のソブリン債危機が悪化 するとの懸念が再燃した。

ユーロが対ドルで3日ぶりに下げた背景には、格付け会社スタン ダード・アンド・プアーズ(S&P)がアイルランドの信用格付けを 引き下げたこともある。イングランド銀行(英中央銀行)金融政策委 員会(MPC)メンバーが利上げの必要性を指摘するなか、英ポンド はドルに対して3日続伸。ムバラク大統領が9月の大統領選挙までは 退任しないと表明してから一夜明けたエジプトでは、政府が治安回復 へ強硬手段をとる構えを見せている。

UBSの為替ストラテジスト、アメリア・ブルドー氏は「リスク 回避の動きがあるようだ。とりわけユーロの値動きはそうだ」と指摘。 「S&Pによるアイルランド格下げや、EFSFに関するドイツの見 解、エジプト情勢すべての組み合わせが要因だ」と述べた。

ニューヨーク時間午後2時9分現在、ユーロはドルに対して前日 比0.4%安の1ユーロ=1.3776ドル。一時は1.3862ドルと、昨 年11月9日以来の高値を付けた。ユーロは円に対してほぼ変わらずの 1ユーロ=112円56銭。一時は0.4%値上がりする場面もあった。 円は対ドルで0.4%安の1ドル=81円71銭。

◎米国株式市場

米株式市場では売りが優勢。テレビのセットトップボックス向け 半導体のブロードコムや保険会社アフラックなどが発表した決算が投 資家の失望を誘った。エジプトでの反政府抗議運動も悪材料。S&P 500種株価指数のバリュエーション(株価評価)が昨年6月以来の高 水準にあったことも売りの背景にある。

ブロードコムは5.6%安。同社が発表した四半期決算で、利益 率がアナリスト予想を下回ったのが売り材料となった。補完医療保険 最大手のアフラックは2.4%下落。同社の四半期営業利益が予想に及 ばなかった。米ゲームソフトメーカー2位、エレクトロニック・アー ツ(EA)は、16%の急伸。メディアのタイム・ワーナーも高い。い ずれも利益が予想を上回ったのが手掛かりだった。

米証券取引所全体の騰落比率は約3対4。ニューヨーク時間午 後4時過ぎの暫定値では、S&P500種株価指数は前日比0.3%安 の1304.02。ダウ工業株30種平均は1.81ドル上昇の

12041.97ドル。

USグローバル・インベスターズのシニアトレーダー、マイケ ル・ナスト氏は「この段階ではある程度、疑い深くなる必要がある」 と指摘。「これまで急激な株高が続いた。この先、横ばいあるいは下 落しても驚きはない。地政学的リスクの懸念もある。その一方、経済 統計や企業の決算は改善している。しかし、株価をさらに押し上げる には、一層力強い数字が必要だ」と述べた。

◎米国債市場

米国債相場は3日続落。民間の雇用リポートを受け、非農業部門 雇

用者数の伸びが加速するとの見方が広がった。

10年債利回りは一時、ほぼ7週間ぶり高水準となった。給与明 細書作成代行会社のオートマティック・データ・プロセッシング(A DP)エンプロイヤー・サービシズが発表した給与名簿に基づく集計 調査によると、1月の米民間部門の雇用者数は市場予想を上回る伸び となった。労働省は4日に雇用統計を発表する。

ノバスコシア銀行の米国債トレーディング責任者、チャールズ・ コミスキー氏(ニューヨーク在勤)は「雇用統計の数字が予想より強 く出るとの観測が広がっている」と指摘。「投資家は守りに入り、取 引レンジの下限に向かいつつある」と述べた。

BGキャンター・マーケット・データによると、ニューヨーク時 間午後2時5分現在、10年債利回りは前日比5ベーシスポイント (bp、1bp=0.01%)上昇し3.49%。一時3.50%と、

3.56%を付けた昨年12月16日以来の高水準となった。同年債 (表面利率2.625%、2020年11月償還)価格は13/32下げて、 92 7/8。

30年債利回りは一時4bp上昇の4.66%と、昨年4月27日 以来の高水準となった。2年債利回りは一時7bp上げて0.67%と、 先月7日以来の高水準。

◎金先物市場

ニューヨーク金先物相場は反落。景気回復で代替投資としての需 要

が弱まるとの見方から売りが膨らんだ。

給与明細書作成代行会社のオートマティック・データ・プロセッ シング(ADP)エンプロイヤー・サービシズが発表した給与名簿に 基づく集計調査によると、1月の米民間部門の雇用者数はエコノミス ト予想よりも増加した。金は2010年に30%上昇したものの、今年 1月には6.1%下げた。金に裏付けされた上場投資信託(ETF)か ら株式市場やほかの素材市場に資金が流れた。

フューチャーパス・トレーディングのトレーダー、フランク・ レシュ氏(シカゴ在勤)は「金が昨年のように30%上昇するとは誰 も考えていない」と指摘。「景気は堅調に推移しており、金への需要 を抑制している。ファンドはトウモロコシや大豆、小麦などほかの商 品にもっと良い投資機会があると感じている」と続けた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物 4月限は前日比8.20ドル(0.6%)安の1オンス=1332.10ド ルで終了した。

◎原油先物市場

ニューヨーク原油先物相場は小じっかり。エジプト混迷で中東か らの原油輸出が脅かされるとの見方が広がり、約2年ぶり高値付近を 維持した。

エジプト首都カイロでは市中心部にあるタヒリール広場で、ムバ ラク大統領を支持する勢力と反政府のデモ隊が衝突し、暴動が起きた。 これを受けて、ロンドンで取引されている北海ブレント原油は2年4 カ月ぶりの高値に上昇した。エネルギー省の週間在庫統計で原油とガ ソリンが予想以上に増加したことが明らかになると、原油価格は上値 を削らされた。

エネルギー顧問会社、オイル・アウトルックス・アンド・オピニ オンズ(ヒューストン)のカール・ラリー社長は、「誰もがテレビの 画面に釘付けになっており、市場はエジプトからの最新の映像に動か されている」と語る。「何らかの形で危機に収拾がつくまで、原油は 上昇基調となろう」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物3月限は前日 比9セント(0.10%)高の1バレル=90.86ドルで終了。先月31 日には日中の価格としては2008年10月7日以来の高値となる

92.84ドルをつけていた。過去1年間では18%値上がりしている。

ニューヨーク・ニューズルーム   1-212- 617-3007

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: ニューヨーク 千葉 茂 Shigeru Chiba +1-212-617-3007 schiba4@bloomberg.net Editor:Tsuneo Yamahiro 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保 義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 okubo1@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE