ギリシャ財務相:欧州債務危機収束に向けた包括案でのEU合意を確信

ギリシャのパパコンスタンティヌ 財務相は2日、欧州連合(EU)の首脳らが来月に、債務危機を収 束させるための「包括的な」措置で合意することを確信していると 述べた。そのような合意は国債スプレッド(上乗せ利回り)を縮小 させ、ギリシャが資本市場に戻ることを可能にするだろうと期待を 示した。

同財務相はアテネでのインタビューで、「現在、市場では期待が 膨らんでいる」と述べ、「この期待に十分に沿わないような案で合意 するとすれば、それは大きな間違いだろう」と続けた。

4日にブリュッセルで開かれるEU首脳会議(サミット)では、 来月「合意される包括的パッケージの方向と時間枠が示されるだろ う」とも述べた。ギリシャ10年債と同年限のドイツ債のスプレッ ドは764ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)と、ほぼ6 カ月ぶりの水準に縮小している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE