米モルガンS:金利と通貨に注力、最大40%人員増-CEO

米投資銀行モルガン・スタンレー は固定利付き商品のトレーディングで今年、市場シェアを2ポイント 上昇させたい考えだ。ジェームズ・ゴーマン最高経営責任者(CEO) が1日述べた。金利と通貨の分野でのシェア拡大を目指しているとい う。

同CEOはニューヨークでの投資家会議で「これについて述べて きたし、このための投資もした。すべての顧客とも話したが、顧客も 当社の取り組みに賛成だった」と述べた。「新しい経営チームと毎日 突っ込んだ協議をしている。これが第一の優先課題だ」と語った。

ゴーマンCEOは1月に、固定利付き商品トレーディングの責任 者だったジャック・ディマイオ氏を更迭。ケン・デレグト氏を、商品 を除く固定利付き商品の責任者とした。金利関連商品の世界責任者と して同業のゴールドマン・サックス・グループからグレン・ハッデン 氏を起用した。モルガン・スタンレーの固定利付き商品トレーディン グの2010年10-12月(第4四半期)収入は同業者の半分以下だった。

モルガン・スタンレーは商品とクレジット商品のセールス・トレ ーディングでは既に世界の上位3社に入っている。ゴーマンCEOに よると、同社は金利と通貨事業の強化を目指しており、それぞれの部 門の人員を約20%と40%増やした。

「金利、為替、新興市場には非常に好調な部分とそうでない部分 がある」とし、「巨大な商機があり、当社はそういう分野に人員、技 術ともに投資している」と同CEOは語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE