エジプトの政情不安、アルジェリアやヨルダンに波及の恐れ-S&P

米格付け会社スタンダード・ アンド・プアーズ(S&P)は2日、エジプトの政情不安につい て、失業率が 高い上、負債規模や財政赤字が大きく歳出拡大の 余地が比較的限られているアルジェリアやヨルダンなどの国に 波及する恐れがあると指摘した。

S&Pのソブリン・アンド・インターナショナル・パブリッ ク・ファイナンシャル・レーティングス担当ディレクター、カイ・ シュツケンブロック氏は2日、ドバイでインタビューに答え、S &Pはどちらかと言えばエジプトが債務を履行すると考えてい ると述べた。

同氏によると、S&Pがエジプトの信用格付けをさらに引き 下げる確率は50%だという。

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 柴田広基 Hiroki Shibata +81-3-3201-8867 hshibata@bloomberg.net Editor: Akiyo Kinoshita 記事に関する記者への問い合わせ先: Alaa Shahine in Cairo at +971-4-364-1026 or asalha@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Claudia Maedler at +971-4-364-1025 or cmaedler@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE