グーグルが世界の美術館で名画を撮影-ゴッホなど拡大画像で鑑賞可能

インターネット検索最大手、米グ ーグルは1日、世界の美術館17館を仮想ツアーで観覧できるウェブサ イトをスタートした。「アートプロジェクト」と呼ばれる1カ所のウェ ブサイトでゴッホやレンブラント、ボッティチェリの名画の数々を高画 質の拡大写真で鑑賞することができる。

グーグルはこのプロジェクトについて、多くの絵画が展示されてい るロンドンの英国立美術館テート・ブリテンで発表。利用者はグーグル の街頭画像を見られるサービス「ストリートビュー」と同じように美術 館を散策し、名画1061点をじっくりと鑑賞することができるとしてい る。グーグルは各美術館の許可を得て、1つの作品を平均的なデジタル カメラの1000倍に相当する70億ピクセルの解像度でデジタル化した。

テートのディレクター、ニコラス・セロタ氏はインタビューで「グ ーグルのプロジェクトは、各美術館に足を運ぼうと思ったことのない 人々も利用するはずだ」と指摘。「ここには世界各地の美術館17館が 集まっている。中南米の子供たちのグループもウェブサイトにアクセス し、さまざまな作品を鑑賞することができるだろう」と述べた。

これら17館は、全てではなく展示されている作品の一部に関して グーグルのカメラ撮影を許可した。セロタ氏は「注意する必要がある。 皆著作権を持っている。著作権で保護されていない多くの絵画の撮影を ただ許可することはできない」と述べた。

セロタ氏(64)によると、このような理由から歴史的な作品が集中 している。これらの作品は人気があると同時に著作権の保護期間を過ぎ ているからだ。

「アートプロジェクト」のウェブサイト http://www.googleartproject.com.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE