ネブスキー:新ファンドで取引・顧客数を絞り込み、規模縮小-関係者

ネブスキー・キャピタルのマーティ ン・テーラー氏は約1年前、33億ドル(約2700億円)規模のヘッジ ファンド運用という「密度の濃い」仕事から遠ざかる決心をし、今は その4分の1程度の規模のファンドを始めようとしている。事情に詳 しい関係者2人が明らかにした。

テーラー氏(41)とそのパートナー、ニック・バーンズ(36)氏 はロンドンを本拠とするネブスキー・ファンド・リミテッドを月末に 閉鎖する予定で、今度は運用資産がわずか8億ドルのファンドの開始 を目指している。情報が非公開だとして関係者が匿名を条件に述べた。

新ファンド、ネブスキー・ファンドPLCは新興市場を重視し世 界の株式に主に投資する。顧客からの需要は、両氏が運用を計画して いる額をすでに上回っているという。

両氏は昨年3月、現行ファンドを段階的に縮小する方針を表明。 2001年初めに運用を開始した同ファンドは、年平均でプラス25%の リターン(投資収益率)を上げてきた。アジアやロシア、中南米を主 な投資対象とし、運用担当者は早朝から夜遅くまで対応が必要だとい う。

新たな小型ファンドでは、取引規模と顧客数に加え、両氏がファ ンドの販売活動に費やす時間も絞り込む。テーラー氏はコメントを控 えている。営業時間外にバーンズ氏に電子メールで問い合わせしたが 回答はない。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE