三井物:今期純利益を上方修正、期末配当も―株価が一段高(Update1)

三井物産は2日、2011年3月期の連 結純利益(米会計基準)見通しを前期比2.5倍の3700億円と、従来予想 から500億円増額修正すると発表した。また、11年3月期の期末配当を 従来予想の1株当たり20円から27円に引き上げる。株価は決算発表後か ら一気に上昇幅を拡大した。

通期業績の上方修正の理由は、鉄鉱石や銅、原油価格が想定を上回 る水準で推移しており、金属資源やエネルギー部門がけん引するため。 会見した松本順一副社長は豪州での洪水被害による鉄鉱石事業への影響 について「石炭と同様にサイクロンのネガティブファクターはあるが業 績見通しには織り込んでいる」と述べた。

同時に発表した10年4-12月期の純利益は前年同期比3倍の2758億 円だった。上方修正した通期業績見通しに対する進ちょく率は76%。

この日の三井物産の株価は前日比17円(1.2%)高の1411円で取引を 開始。決算発表前の午後2時25分には1415円前後で推移していた。通期 業績や期末配当の上方修正が報じられた午後2時30分以降は、上昇幅を 一気に広げ、一時は前日比66円(4.7%)高の1460円を付ける場面があっ た。この日の終値は1449円。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE