豪州沿岸に大型サイクロンが接近-炭鉱など操業停止、船舶の避難進む

大型のサイクロン「ヤシ」が接近 しているオーストラリア北東部では、炭鉱や亜鉛鉱山が操業を停止し、 石炭運搬船少なくとも32隻が避難のため出港した。サトウキビやバナ ナを栽培する農家もサイクロンの上陸に備えている。

ヤシの勢力は最も強い「カテゴリー5」に達した。中国最大の金属 取引会社の香港上場部門、五鉱資源傘下のMMGの広報担当者、ブルー ス・ラブデー氏は電話インタビューで、世界2位の亜鉛鉱山であるセン チュリー鉱山が操業ペースを緩めていると述べた。採鉱会社、豪カガラ のキム・ロビンソン会長は電話インタビューで、マウントガーネット亜 鉛鉱山と鉱石処理プラントの操業を停止したことを明らかにした。

英豪系リオ・ティントとスイスのエクストラータも鉱山の稼働を停 止。クイーンズランド州がヤシの上陸に備えるなか、港湾や鉄道も操業 を停止している。ヤシの速度は風速毎秒80.6メートル。

インタースイスの豪州株式部門責任者、アンドルー・セケリー氏は 「鉱山業界への影響が見込まれ、農業部門にも影響が及ぶのは確かだろ う」と指摘。「農業に関しては、在庫や生産の損失が予想され、食料価 格の上昇につながる可能性がある」との見方を示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE