米GM:ロシアでの「シボレー・アベオ」生産でGAZと合意

世界2位の自動車メーカー、米ゼネ ラル・モーターズ(GM)はロシアの同業GAZグループと、同国内 での「シボレー・アベオ」の新型モデル生産に向けて合意した。今後 15年で2倍を超える拡大が見込めるロシア市場への進出を狙う。

GMとGAZの1日の発表資料によれば、資産家オレグ・デリパ スカ氏が経営権を握るGAZは2012年半ば以降、ニジニーノブゴロ ドの工場で年間3万台のアベオのセダンとハッチバックを生産する計 画だ。GAZのボー・アンダーセン最高経営責任者(CEO)は電話 インタビューで、今回の提携が成功すれば、同工場で組み立てるGM 車のモデルを増やす可能性があると語った。

デュースブルク・エッセン大学の自動車リサーチセンター(CA R)ディレクター、フェルディナンド・ドゥーデンホッファー氏は先 月25日、ロシアの自動車販売台数が向こう15年で2倍余り拡大し 500万台に達するとの見通しを示した。

アンダーセンCEOは、生産開始に向けて同社が投じる投資額に ついては明らかにしなかった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE