マウイなどの米高級リゾート5施設が破産申請-ポールソンなど債権者

米ハワイ州マウイ島にある高級リゾ ート、グランド・ワイレア・リゾート・ホテル・アンド・スパやカリ フォルニア州のザ・クラブ・アット・PGAウエストを含む計5つの リゾートが連邦破産法11条の適用を申請した。世界最大級のヘッジ ファンド、ポールソンなどの債権者がモルガン・スタンレーの不動産 ファンドから物件を差し押さえたことに伴う措置。

マンハッタンの米破産裁判所に1日提出された文書によると、こ れらのリゾート施設5カ所の資産総額は昨年11月末時点で22億ドル (約1791億円)、負債は19億ドル。ポールソンやウィンスロップ・ リアルティ・トラスト、キャピタル・トラストで構成する債権者グル ープは、債務を再編してリゾート施設の営業を継続させ、予想される 市場回復の機会を待つ方針を示した。

ポールソンのポートフォリオマネジャー、マイケル・バー氏は発 表文で「当社とパートナーらは、世界で最も魅力あるリゾートの一部 のオーナーになることに興奮しており、これらの掛け替えのない資産 の価値の最大化を目指し新たな資金支援の提供を楽しみにしている」 と述べた。

この債権者グループの合弁事業であるCNL-ABは、1月28 日の差し押さえ競売でこれらのリゾートを取得した。同グループはモ ルガン・スタンレーによる2007年のCNLホテルズ・アンド・リゾ ーツ買収の際に利用された劣後債を保有していたため、差し押さえ競 売に参加できる立場にあった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE