丸紅の海外水事業で起債、200億円規模-チリ国内市場で

丸紅と官民出資の投資ファンド産業 革新機構が共同出資するチリ国内3位の水事業会社アグアス・ヌェヴ ァは2億4600万ドル(約200億円)規模の普通社債をチリ国内で発行し た。

同社広報担当の野村容氏が明らかにした。アグアス・ヌェヴァの 持ち株会社インベルジョネス・アイエセトレスが1月28日に発行した 社債の発行額は550万UF(ウニダ・デ・フォメント、決済時にイン フレ調整されるチリの補助通貨)。利率は4.7%で償還期限は22年。

主幹事はチリ2位の銀行バンコ・デ・チリで、セルフィン・キャ ピタルがファイナンシャル・アドバイザーを務めた。調達した資金は 既存のシンジケートローン(協調融資)契約の返済や水事業の運転資 金に充てる。

丸紅は、産業革新機構と共同で、昨年11月にアグアス・ヌェヴァ を買収。同社は2012年度末までに、水事業に約250億円投資すること を検討している。

--取材協力:佐藤茂 Editor:Takeshi Awaji, Norihiko Kosaka

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: 東京 岡田雄至 Yuji Okada +81-3-3201-2493 yokada6@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 大久保 義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net シンガポール Clyde Russell +65-6311-2423 crussell7@bloomberg.net.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE