神戸鋼:インドに新型炉、小型で高性能、13年稼働へ-読売

神戸製鋼所はインドで低品質の鉄鉱 石や石炭から純度の高い鉄を生産できる小型の次世代型製鉄炉を建設す ると2日付の読売新聞朝刊が報じた。インドの国営製鉄会社大手と合弁 で2013年の稼働を目指すという。1基当たり年産50万トンで、建設費 は250億円程度と、数千億円かかる高炉よりも大幅に安いと読売は伝え ている。情報源は明示していない。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE