米EA:10-12月利益は市場予想上回る、販売好調-株価上昇

米ゲームソフトメーカー2位、エレ クトロニック・アーツ(EA)の2010年10-12月(第3四半期)決 算は、利益がアナリスト予想を上回った。「メダル・オブ・オナー」や 「ニード・フォー・スピード」などのソフト販売が好調だった。これ を受け、同社の株価は時間外取引で一時9.3%上昇した。

1日の発表資料によれば、第3四半期の一部項目を除く1株利益 は59セントと、ブルームバーグがまとめたアナリスト19人の予想平 均(56セント)を上回った。一部項目を除く売上高は14億1000万ド ル(約1150億円)。予想平均は14億3000万ドルだった。

同社のエリック・ブラウン最高財務責任者(CFO)は、インタ ビューで、「生み出された収入の質と収益性は予想を大きく上回ってい る」と述べた。

EAは1-3月(第4四半期)について、いずれも一部項目を除 くベースで、売上高が8億5000万-9億5000万ドル、1株利益は15 -25セントとの見通しを示した。アナリスト予想は、売上高が9億 3900万ドル、1株利益は21セントとなっている。

1日の米ナスダック市場で、EAの株価は前日比3セント高の

15.62ドルで取引を終えた。決算発表後の時間外取引では一時、1.45 ドル高の17ドルを付けた。同社はまた、12年半ばまでに6億ドルの 自社株買いを実施する計画も発表した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE