ムバラク大統領:9月の次回選挙に立候補せず-テレビで演説

エジプトのムバラク大統領は1日、 次期大統領選には出馬しないと言明した。この日は数十万人の市民が 首都カイロ中心部に集まり、大統領の退陣を求める1週間にわたる抗 議デモは最高潮に達した。

大統領は国営テレビでの演説で、9月の次期大統領選には出馬し ないことを明らかにした。30年にわたってエジプトを統治してきた 大統領は、もう1期続けるつもりはなかったと述べ、安定を確実にす るために次回選挙までは現職にとどまる考えを示した。また、それま でに大統領候補の資格および任期に関する法律を改正すると表明した。

ムバラク大統領はエジプトが「混沌(こんとん)と安定の中での 選択を迫られている」と述べた。大統領はこれまで、続投の可能性の 有無に言及していなかった。先週には副大統領にスレイマン国家情報 庁長官を指名していた。

抗議デモはチュニジアの政変で同国のベンアリ大統領が1月14 日に国外逃亡した事件に触発されたもの。エジプトのデモでは100 人以上が死亡し、世界の株・債券、原油相場にも動揺が広がった。政 情不安はヨルダンにも飛び火し、アブドラ国王は1日、首相を更迭。 イエメンやアルジェリアなどの国々にも波及している。

ムスリム同胞団やエルバラダイ前国際原子力機関(IAEA)事 務局長などエジプトの反体制派は、腐敗し弾圧的な政府を運営してい るとして、ムバラク大統領に即時退陣と暫定政権への権力移譲を要求 している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE