ヨルダン国王、首相を更迭-「民主化」へ新政府樹立を指示

反政府デモが続くヨルダンでは、 アブドラ国王が首相更迭に踏み切った。バヒート元首相を新首相に任 命し、「真の意味での政治改革プロセス」を開始する新政府の樹立を 求めた。

同国王室の電子メールでの発表によると、アブドラ国王はバヒー ト氏に対し、「民主主義を強化する」軌道にヨルダンを導くべきだと し、ヨルダン国民に「値する尊厳ある生活」を提供するよう要請した。

14日のベンアリ大統領の国外逃亡につながったチュニジアの政変 が飛び火する形で、ヨルダンでも国民のデモが起きている。チュニジ ア政変はエジプトでもムバラク大統領退陣を求める反政府デモを触発。 同国ではこれまで100人以上が死亡している。

バヒート氏はリファイ首相の後任になる。前職は駐イスラエル大 使だった。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: ニューヨーク 大塚 美佳 Mika Otsuka +1-212-617-5823 motsuka3@bloomberg.net Editor: Akiko Nishimae 記事に関する記者への問い合わせ先: Massoud A Derhally in Beirut, Lebanon at +961-71-168620 or mderhally@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Shaji Mathew at +971-4-364-1028 or shajimathew@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE