菅首相:国内のカネ余り状況や財政健全目標で金利低い状況続く-答弁

菅直人首相は1日午後の衆院予算委 で、国内金利が低い状態を保っている理由について、国債の大部分が国 内で消化されていることや経済活動が低迷しカネ余り状況で銀行資金が 国債購入に充てられていることを挙げた上、政府の掲げる財政健全化目 標も背景にあるとの認識を示した。野田毅氏(自民)に対する答弁。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE