中国の1月の住宅価格:前月比1%上昇、6カ月ぶりの伸び-捜房網

中国の1月の住宅価格は前月比1% 上昇、政府の不動産価格抑制策にもかかわらず、前月比では6カ月ぶ りの伸びとなった。不動産ウェブサイトで国内最大手のサウファン・ ホールディングス(搜房網)が発表した。

1日に電子メールで配布した資料によれば、搜房網が集計する 100都市全てで住宅価格は昨年12月から上昇し、平均価格は1平方メ ートル当たり8645元(約10万7500円)。12月は同0.9%の上昇だっ た。

中国当局は先週、2件目の住宅購入の最低頭金比率を引き上げた ほか、地方政府には新築住宅の価格管理目標の設定を求め、上海市と 重慶市で一部の住宅を対象に不動産税を試験的に導入した。これらの 不動産抑制策に先立ち、中国当局は過去4カ月で2度の利上げを行う とともに、3件目の住宅物件購入に向け融資を禁止した。

UOBケイ・ヒアンの香港在勤不動産アナリスト、シルビア・ウ ォン氏は「住宅市場にはまだ、政府の抑制策が及んでいない」と指摘。 「政府の強硬な抑制措置が実際に機能するかどうか、2月のデータに 注目したい」と語った。

--Bonnie Cao. Editors: Linus Chua, Andreea Papuc

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 重松 典子 Noriko Shigematsu +81-3-3201-3986 nshigematsu@bloomberg.net Editor:Yoshito Okubo 記事に関する記者への問い合わせ先: Bonnie Cao in Shanghai at +86-21-6104-3035 or bcao4@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Andreea Papuc at +852-2977-6641 or apapuc1@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE