スペイン:貯蓄銀7行統合の新銀行、株式上場通じ資本増強へ

スペインのカハ・マドリードなど 貯蓄銀行7行の統合で誕生した新銀行、バンコ・フィナンシエロ・ イ・デ・アオロスは、損失引当金を計上した後、株式上場を通じ資本 を増強する計画だ。

バンコ・フィナンシエロが31日発表したところによると、評価 損92億ユーロ(約1兆400億円)には、ストレスが高まる状況を想 定して積んだ貸倒引当金59億ユーロが含まれる。不動産関連損失向 けには18億ユーロを計上するという。

同行の中核的自己資本比率は7.04%で、スペイン政府が1月24 日に定めた最低基準に8%に達していない。マドリードで記者団に対 し明らかにした。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE