エジプト政情不安、米国内で原油生産拡大の必要性高める-共和党議員

【記者:Katarzyna Klimasinska】

1月31日(ブルームバーグ):エジプトでの反政府デモが一因とな って北海ブレント原油が約2年ぶりの高値に上昇したことで、米共和 党議員らが国内の原油生産を拡大するよう訴えている。

下院天然資源委員会のへースティングス委員長(共和、ワシント ン州)は1月31日の声明で、「エジプトの現在の政情不安や近隣諸国 の不安定な状況を受けて、米国が情勢の不穏な地域への依存を減らし、 国内でエネルギー生産を拡大する必要性が非常に強まっている」と言 明。「国家安全保障は、エネルギー安全保障と深い関係がある」と語っ た。

水深500フィート(約152メートル)を超える深海油田の生産を めぐる状況は、英BPが昨年4月にメキシコ湾で起こした原油流出事 故の後、前進が見られず、サラザール米内務長官は企業の深海探査の 再開を認可していない。

ジェフ・ランドリー下院議員(共和、ルイジアナ州)は29日の声 明で、「ルイジアナ州沿岸部の人々がエネルギーの確認埋蔵量を回復さ せる仕事に復帰することが望まれる」と述べ、「米大統領は原油以外の 自然エネルギーを夢想しており、中東で紛争が勃発し、米経済が人質 に取られる事態も起こり得る」と警告した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE