ウッズ選手考案のドバイのゴルフリゾート計画中断-市場環境悪化で

男子プロゴルフのタイガー・ウッ ズ選手の名前を冠してアラブ首長国連邦(UAE)ドバイ首長国で進 められていたゴルフリゾート「タイガー・ウッズ・ドバイ」計画を、 開発会社ドバイ・プロパティーズ・グループが中断した。高級不動産 市場の苦戦が理由。

ドバイ・プロパティーズは31日に携帯電話メールを通じた発表 文で、「現在の市場環境が最高級不動産を支援するものではない状況 に基づく決定だ」とし、「プロジェクト再開の時期については、状況 を引き続き注視した上で将来的に判断していく」と説明した。

ドバイでは金融危機による投機資本の引き揚げや融資の干上がり を受け、数百件の開発プロジェクトが中止、または停止されている。 ドバイ・プロパティーズは昨年10月、面積5500万平方フィート (約510万平方メートル)の同リゾート計画を「市場動向や需要に 照らして」見直ししていることを明らかにしていた。

同リゾート・プロジェクトにはウッズ選手が設計したゴルフコー スのほか、287棟の高級別荘・邸宅、ブティック・ホテル、クラブハ ウスなどが含まれており、当初は2009年9月までに完成する予定だ った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE