ECB総裁後任にはドイツ人を選好、欧州人が世論調査で回答-FT紙

欧州中央銀行(ECB)のトリシ ェ総裁の後任として、欧州諸国の国民はドイツ人を最も選好している ことが、英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)と調査会社ハリスの 共同世論調査で明らかになった。

フランスとドイツ、英国、スペイン、イタリアで5253人の成人 を対象にインターネットで実施した調査の結果によると、フランスと スペインの回答者のうち26%が、ドイツ人が後任に望ましいと答え た。イタリア人は26%が自国候補を、25%がドイツ人をそれぞれ選 んだ。

欧州大陸諸国の有権者は、ドイツから納得のいく候補者を擁立で きない場合、自国候補を除けば、第2希望としてフィンランド人を挙 げたと同紙は伝えた。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 藤田比呂子 Hiroko Fujita +81-3-3201-8662 hfujita2@bloomberg.net Editor:Akiko Kobari 記事に関する記者への問い合わせ先: Fergal O’Brien in Dublin at +44-20-7330-7152 or fobrien@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Craig Stirling at +44-20-7673-2841 or cstirling1@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE