大和証G:次期CEOに日比野氏、傘下2証券の社長も兼務

大和証券グループ本社は1日、日比 野隆司副社長(55)が社長(CEO、最高経営責任者)に昇格するトッ プ人事を発表した。就任は4月1日付。日比野氏は傘下でリテール(個 人向け)の大和証券と法人専業の大和証券キャピタル・マーケッツの社 長を兼務する。鈴木茂晴社長(63)は会長に就任する。

大和証Gは2009年末に三井住友フィナンシャルグループとの合弁 を解消して再スタートを切った。今回の人事と合わせ傘下2証券の本社 機能や重複部門の集約方針も打ち出した。清田瞭会長(65)は名誉会長 に就く予定。大和CMでは吉留真社長(59)が会長となる。両者は6月 下旬に大和証Gの取締役を退任する。

同日夕の会見で日比野氏は、「マーケット環境が悪くても赤字にな らない強靭(きょうじん)な経営体質、基盤作り」を経営課題に個人・ 法人の2証券の連携を強化すると強調。「日本を含めアジアを代表する 証券グループを目指す」と述べた。また、他の金融機関との全面的な提 携の可能性などについては現時点で視野にないという。

●日比野隆司(ひびの・たかし):東大卒、79年大和証券入社、04年取 締役、09年副社長。岐阜県出身。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE