コンテナ船輸送のマースク:エジプトでターミナルの操業を停止

コンテナ海運会社大手、デンマ ークのAPモラー・マースクはエジプトのAPMターミナルの操業を 停止した。

同社の広報担当者、ミヒャエル・ストーガード氏は電話で、マー スクライン部門はスエズ運河を通じた船舶の運行を続けると述べた。 同氏によれば、マースクラインとサフマリンコンテナラインズの両部 門を合わせると、年間で平均1350隻がスエズ運河を航行している。 同社ウェブサイトによると、マースクのエジプトの従業員は約7000 人。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE