12月米個人消費:実質0.4%増-可処分所得は低迷

昨年12月の米個人消費は予想 を上回る伸びだった。

米商務省が発表した昨年12月の個人消費支出(PCE)は前 月比0.7%増加。ブルームバーグがまとめたエコノミストの予想中 央値は0.5%増だった。前月は0.3%増(速報は0.4%増)に修正 された。12月の個人所得は11月に続き、前月比で0.4%増加した。 ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想と一致した。

12月の賃金・給与は前月比で0.3%増加、前月の0.1%増か ら伸びが拡大した。可処分所得はインフレ調整後で0.1%増。前月 は0.2%増だった。

貯蓄率は5.3%と昨年3月以来の低水準に落ち込んだ。前月は

5.5%だった。

インフレ調整後の個人消費は0.4%増加と、前月の0.2%増か ら伸びが加速した。

食品と燃料を除くPCEコア価格指数は前月比変わらず。過去 6カ月間のうち11月を除く5カ月でPCEコア価格指数は前月比 で変わっていない。

ックしてご覧ください。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE