OPEC事務局長:政情不安で原油供給に支障来たせば増産(Update1

石油輸出国機構(OPEC)は、 エジプトの政情不安が中東産原油の供給の妨げになれば、生産を増や す方針だ。

バドリOPEC事務局長は、ロンドンで「本当に不足する事態に なれば、増産しなければならない」と述べた。ベネズエラやイランを 含むOPEC加盟国の原油供給量は世界全体の約4割を占める。

事務局長はまた、エジプトでの反政府デモが「手に負えない状況 ではない」と指摘。スメド石油パイプラインが閉鎖されるようならば、 市場で不足が生じる恐れがあるとしながらも、原油市場への供給は十 分で、在庫は高水準だと語った。

OPECは6月に予定している総会を前に会合を開くことは計画 していないという。

-- Editors: Raj Rajendran, John Buckley

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 柴田広基 Hiroki Shibata +81-3-3201-8867 hshibata@bloomberg.net   Editor: Fumihiko Kasahara 笠原文彦 Fumihiko Kasahara +813-3201-3761 fkasahara@bloomberg.net 記事に関する記者への問い合わせ先: Grant Smith in London at +44-20-7330-7353 or gsmith52@bloomberg.net Rachel Graham in London +44-20-7073-3184 or rgraham13@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Stephen Voss at +44-20-7073-3520 or sev@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE