小沢氏:離党の意思なし、裁判で争う姿勢示す-強制起訴で会見

民主党の小沢一郎元代表は31日夕、 自身が政治資金規正法違反で強制起訴されたことについて、記者団に対 し、全国民に開かれた法定で真実を述べる、何ひとつやましいことはな いと述べ、裁判で全面的に争う姿勢を示した。また、民主党の議員とし て努力するとも語り、自ら離党や議員離職をする考えのないことを強調 した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE