JFE商H株が午後急落、業績予想を下方修正-円高と豪の洪水の影響

JFE商事ホールディングスの株 価が午後急落。同社は午後1時30分、円高や豪州での大規模洪水の影 響などを踏まえ、今期(2011年3月期)業績予想を下方修正したと発 表。業績悪化を懸念する売りが先行した。

株価終値は前週末比4.8%安の397円。一時は同8.6%安の381円 と、2009年6月16日以来約1年7カ月ぶりの日中下落率を記録した。

想定を上回る円相場の上昇を受けて販売計画を見直したほか、豪州 での大規模な洪水の影響などで石炭投資子会社の収益が悪化したことか ら、同社は今期の連結営業利益予想は従来の255億円から235億円に

7.8%減額修正した。純利益は前回予想を3.2%下回る150億円、EP S(1株当たり純利益)は63円52銭を見込む。

同時に公表した10年4-12月決算短信によると、鉄鋼業界では輸 出はアジア向け中心に底堅く推移すると想定されるものの、各国での景 気対策の反動減の影響や、中国・アジア諸国での鋼材の需給環境、原材 料価格の上昇、南欧諸国の財政不安、為替動向など懸念要素も多いとし ている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE