日医工の田村社長:持ち株比率低下の大量報告書開示-増資発表当日

増資発表で株価が急落している 日医工で、田村友一社長の保有株(資産管理会社タムラを含む)比 率減少を示す大量保有報告書が増資発表当日に開示された。比率低 下は仏サノフィ・アベンティスへの増資による発行済み株式増加が 背景で、持ち株を手放したわけではない。

日医工は28日、最大で211億円を調達する公募を東証で発表。 一方、同日公表された大量保有報告書には田村社長の日医工持ち株 比率が0.78ポイント低い16.01%に低下したことが記載されている。 日医工の北尾太一社長室マネジャーは、持ち株比率低下はサノフィ への新株発行が理由だと説明した。

持ち株比率低下は昨年5月のサノフィへの増資発表時に開示し ていたが、大量保有報告書の対象外だった。田村社長は今回、担保 契約変更を理由に大量保有報告書を提出する義務が発生した。

増資発表で日医工の株価はストップ安(値幅制限いっぱいの下 落)となる500円(18%)安の2315円まで下げている。

--取材協力 松山かの子、沢和世 Editors:Kenzo Taniai,Shintaro Inkyo

参考画面: 記事についての記者への問い合わせ: 東京 上野 英治郎 Eijiro Ueno +813-3201-8841 e.ueno@bloomberg.net 記事についてのエディターへの問い合わせ: 大久保 義人 Yoshito Okubo +813-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net Chian-Wei Teo +813-3201-3623 cwteo@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE