カナダ・ドル:中銀当局者らが上昇警戒-輸出競争力に悪影響

カナダ・ドルが米ドルに対して大 幅に上昇し、カナダ経済の大きな脅威になったことから、中銀当局者 や国内企業の最高財務責任者(CFO)らはカナダ・ドルの下落を促 している。

カナダ銀行(中央銀行)のカーニー総裁(45)は28日、スイスの リゾート地、ダボスで開催の世界経済フォーラム年次総会(ダボス会 議)でブルームバーグテレビジョンのインタビューに応じ、「カナダ経 済にとってリスクの一つは、カナダ・ドルの持続的な上昇だ」と説明、 「カナダは競争力の問題を抱えている」と語った。

カナダ・ドル高は輸出の妨げになっている。カナダ統計局が昨年 11月29日に発表した貿易の広範な指標となる経常収支は、同年7- 9月(第3四半期)の赤字額が過去最大の175億カナダ・ドル(約1 兆4300億円)に拡大した。同国の輸出が2009年の国内総生産(GD P)に占めた割合は約32%だった。

オプション取引では米ドルのコール(買う権利)のプット(売る 権利)に対するプレミアムを示す3カ月物25デルタリスクリバーサル 率が28日に1.08%と、昨年10月14日の0.32%の3倍以上に達し、 投資家の間でカナダ・ドル安予想が強まっている様子を裏付けた。

カナダの対米輸出が全体に占める割合は約70%。カナダ・ドル高 は、世界3位の航空機メーカー、ボンバルディアやカナダ2位の自動 車部品メーカーのリナマーなどさまざまなカナダ企業の輸出競争力の 低下につながっている。

ボンバルディアのピエール・エーラリーCFOは「当社のような 輸出企業の場合、カナダ・ドル高による悪影響は、輸入機器などの価 格低下がもたらす良い影響よりはるかに大きい」と指摘した。

ブルームバーグの集計で、昨年のカナダ・ドル予想の精度が最も 高かったCIBCワールド・マーケッツのチーフエコノミスト、エー ブリー・シェンフェルド氏(トンロン在勤)は、カナダ・ドルが今年 6月までに1米ドル=1.06カナダ・ドルに下落し、年末に1.01カナ ダ・ドルになるとみている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE