英BP:原油流出事故からの回復示す見通し、復配計画発表で-FT紙

英石油会社BPは、2月1日に復 配を発表し、メキシコ湾で昨年発生した原油流出事故の痛手から業績 が回復しつつあることを投資家に示す見通しだ。英紙フィナンシャ ル・タイムズ(FT)が複数のアナリストの話を基に報じた。アナリ ストの名前は明示していない。

同紙によると、アナリストらは1株当たり7セントの配当を予想 しており、これは昨年4月20日に起きた原油流出事故以前の約半分の 水準。BPの2009年の配当支払い額は約70億ポンド(約9100億円) だったという。

同紙はまた、ロバート・ダドリー最高経営責任者(CEO)が原 油流出事故関連の費用についても最新の数字を明らかにする見通しだ とした上で、同社がこれまで計上した引当金の額は400億ドル(約 3兆2800億円)に上り、なお訴訟に直面する恐れがあると伝えた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE