中国海洋石油:米チェサピークのシェール事業権益、470億円で買収

海洋油田開発で中国最大手、中国 海洋石油(CNOOC)は、米石油・天然ガス生産会社チェサピーク・ エナジーのニオブララ・シェール(頁岩層)・プロジェクトの権益の3 分の1を現金5億7000万ドル(約470億円)で買収することに合意し た。CNOOCの米国での原油生産の権益が増加することになる。

両社が30日送付した電子メールによると、CNOOCは開発費用 のうちの同社負担分に加え、この地域の掘削と油井の建設費用最大6億 9700万ドルのうち3分の2を支払うことで合意した。

中国の胡錦濤国家主席は今月、米国との経済連携強化に向け初めて 公式に訪米した。今回の権益取得はCNOOCにとって米国のエネルギ ー資産としては2件目となる。CNOOCは5年前、米資源大手ユノカ ルに対し185億ドル規模の買収を試みたが、政治的反対を受けて不調に 終わった。

UOBケイ・ヒアン(上海)のアナリスト、王傲超氏は「胡主席の 最近の訪米を見ると、米国では中国からの投資を誘致しようとする意欲 が高まっているようだ」と指摘。「詳細は分からないが、これらの資産 の価格は適正とみられる。中国の石油大手は依然、原油やガス資産の価 値評価は一般的に妥当な水準と考えている」との見方を示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE