米国がデフォルトに陥れば金融の「大惨事」に-ベイナー下院議長

ベイナー米下院議長は30日、米国 がデフォルト(債務不履行)となれば「金融の大惨事」になると述べ、 この問題が「議題に上ってさえ」いないと述べた。

ベイナー下院議長は30日のテレビ番組「フォックス・ニューズ・ サンデー」のインタビューに答え、オバマ政権が連邦債務残高の上限 引き上げを目指すのなら歳出削減に向けて共和党との協力に前向きに なる必要があると指摘。上限引き上げが「2度と起きないと確信でき るように歳出を真剣に削減し、予算プロセスを見直さなければ、米国 民に容認されるとは思えない」と語った。

ガイトナー米財務長官は今月6日に議会指導部あての書簡で、連 邦債務残高が現行の上限である14兆2900億ドル(約1174兆円)に3 月末にも達する可能性があると説明。上限に達する可能性が「最も高 い」のは同日から5月16日までとしていた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE