NY原油先物時間外:続伸-エジプト情勢不安、中東への波及を懸念

ニューヨーク原油先物相場は31 日の時間外取引で続伸。エジプトの情勢不安が中東産油国にも波及する ことが懸念された。

前週末の通常取引は4.3%上昇と、2009年9月以降で最大の上昇 率。エジプトではムバラク大統領の30年間にわたる政権の交代を求め るデモ隊と警官隊が衝突した。チュー・米エネルギー長官は電話会議 で、中東の原油供給が中断すれば、「実害がもたらされかねない」と述 べた。

ナショナル・オーストラリア銀行の鉱物・エネルギー担当エコノミ スト、ベン・ウェストモア氏(メルボルン在勤)は「エジプトの情勢不 安が商品や金融市場に重くのしかかっている。スエズ運河に近く供給に 支障が出る可能性があるため、原油価格に影響している」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物3月限はシドニ ー時間午前11時14分(日本時間同9時14分)現在、1.53ドル (1.7%)高の1バレル=90.87ドルで推移している。前週末の通常取 引は3.70ドル(1.9%)高の89.34ドルで引けた。前週は0.3%上昇。 今年に入ってからは1.3%下落。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 淡路毅 Takeshi Awaji +81-3-3201-2107 tawaji@bloomberg.net Editor: Hiromi Horie 記事に関する記者への問い合わせ先: Ben Sharples in Melbourne at +61-3-9228-8732 or bsharples@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Clyde Russell at +65-6311-2423 or crussell7@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE