独仏首脳、EU経済政策の連携強化する協定提案へ-シュピーゲル誌

ドイツのメルケル首相は、欧州連 合(EU)加盟各国が経済政策でより緊密な協力関係を築くことを目 指している。独週刊誌シュピーゲルが報じた。

同誌によると、メルケル独首相とフランスのサルコジ大統領は2 月4日のEU首脳会議で財政、経済、社会政策の調和を目指す「競争 力のための協定」を公表し、昼食会で加盟27カ国の首脳らと協議する 見通し。

全加盟国が自由に参加できる協定を目指すが、仏独が詳細の策定 作業で主導権を握り、3月の首脳会議に諮る。ドイツは23カ国が協定 に調印するとみている。デンマークとスウェーデンの反応は流動的で、 英国とチェコは参加に消極的という。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE