スペインのサパテロ首相:通貨統合には恩恵のほか、「責任」が伴う

スペインのサパテロ首相は、通貨 統合は恩恵をもたらすだけではなく、「責任」が伴うものだと述べ、同 国もユーロ圏の一員としてその責任を果たす必要があるとの考えを示 した。

サパテロ首相は30日、テレビ中継されたサラゴサでの社会労働 党会合で、同国はユーロ圏の経済的な結び付き強化を支持すると語っ た。

首相は「われわれを一段と強くする通貨統合のメンバーには、権 利と責任が伴う」と発言。「スペインは欧州連合(EU)とユーロ圏で トップクラスの競争力と生産性を持ち、物事を運営していく必要があ る」と付け加えた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE