政府:邦人旅行者出国でエジプトにチャーター機、鎮圧自制を

日本政府はエジプトの治安悪化を受 け、現地の空港に足止めされている邦人旅行者の出国を支援するため、 現地時間の31日中にもカイロ-ローマ間にチャーター機を3便運航さ せる方向で調整している。枝野幸男官房長官が同日午前の記者会見で詳 細を明らかにした。

枝野氏によると、チャーター便の派遣は30日に行われた外務省の 緊急対策本部の会合で決定した。日本便のキャンセルでカイロ空港内に 足止めされている人が対象。このほかの旅行者などについては「一部の 便を除いて商用の定期便は継続されている。順次、定期便でまずはでき るだけ早めに出国してほしい」と呼び掛けた。

同氏は、エジプト政府に対しては「特に邦人の安全確保と出国につ いては必要に応じて厳しく繰り返しエジプト政府に厳しく求めたい」と 指摘。その上で、「現にたくさんの亡くなられた方が出ている状況だ。 デモをされている側もそれに対応する政府も平和的な形で事態を収拾 してもらいたい。特に政府側の方で暴力的な手段での鎮圧ということに ついては抑制的にしてほしい」と求めた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE