英中銀ウィール委員:利上げの必要説得力ある-ガーディアン紙に寄稿

イングランド銀行(英中央銀行) 金融政策委員会(MPC)のウィール委員は、商品価格の「根強い上昇 圧力」というリスクが生じており、金利の「適度な引き上げ」の必要性 が強い説得力を持つ情勢になっているとの見解を示した。英紙ガーディ アンに寄稿した。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 内田良治 Ryoji Uchida +81-3-3201-3396 ruchida2@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE