EUなど、ギリシャ向け欧州版ブレイディ構想合意へ-トビマ

欧州連合(EU)と欧州中央銀行 (ECB)、国際通貨基金(IMF)はギリシャの債務の3分の2相当 の再編につながる3段階の「欧州版ブレイディ構想」で合意する見通 しだ。ギリシャ紙トビマが金融当局者1人の話を基に報じた。

同紙によれば、中南米諸国に適用されたいわゆるブレイディ構想 からヒントを得た同計画は、ギリシャがEUの救済基金の資金を活用 し、ECBが保有する同国の国債を買い戻すとともに、民間債権者が 保有する国債も75%の価格で買い取ることを可能にする内容。

また、EUとIMFによる緊急融資枠1100億ユーロ(約12兆3000 億円)からのギリシャ向け融資の期間を最大30年に延長し、1000億ユ ーロ相当を上回る債券の保有者は15-20年の間で償還期間の延長を選 択することが可能になる。

同紙によると、この計画はドイツのメルケル首相とショイブレ財 務相が支持しており、年内にギリシャの債務の約3分の2の再編が達 成できる見込みだという。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE