ドバイ株が昨年5月以来の大幅安、エジプトでのデモ継続を嫌気

30日の中東株式相場は下落し、ア ラブ首長国連邦(UAE)ドバイ首長国の株価指数が過去8カ月で最 大の下げを記録した。エジプトを30年近く統治してきたムバラク大統 領に退陣を要求するデモが続いていることが背景。イスラエル市場で は株・債券相場が値下がりした。

エジプトの不動産業界への直接投資で外資系最大手というドバイ のエマール不動産は8.3%安。格安航空会社エア・アラビアは3月以 来の大幅安。指標のドバイ金融市場総合指数は4.3%安と、5月25日 以来最大の下げを演じ、1543.02で終了した。エジプト株式市場は先 週の16%の下落を受け、30日は休場となった。31日も引き続き休場 となると、衛星テレビのアルアラビーヤは伝えている。

アブダビ首長国の投資銀行CAPMインベストメントの調査責任 者、マハディ・マタール氏は「国外投資家が全般的なリスク回避で中 東株式市場から引き揚げている」と述べ、「国内投資家から海外投資家 に動揺が広がっているため、エジプト向けのエクスポージャーがある 銘柄もそうでない銘柄も無差別に売られているが、今後は差別化の動 きが出てくると予想される」と分析した。

-- With assistance from David Wainer in Tel Aviv. Editors: Susan Lerner, Tim Farrand.

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 守護 清恵 Kiyoe Shugo +81-3-3201-7499 kshugo@bloomberg.net  Editor: Kanta Watanabe 記事についての記者への問い合わせ先: Zahra Hankir in Dubai at +971-4-364-1037 or zhankir@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Claudia Maedler at +971-4-364-1025 or cmaedler@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE