中国人民銀:M2目標を16%に設定、インフレリスクに対応

中国人民銀行(中央銀行)は30 日発表した第4四半期の金融政策報告で、インフレリスクの増大に伴 い与信の伸びを抑制するため、2011年の通貨供給量M2の伸び率を約 16%に抑える目標を設定した。10年のM2の伸びは目標の17%に対し て、実績は19.7%だった。

人民銀はウェブサイトに掲載した報告で、資本流入の増大や労働 コスト・資源価格の上昇に言及し、「インフレ圧力は相当大きい」と指 摘。中国を今年取り巻く外部環境は「比較的安定」する一方、国内経 済は投資の勢いや個人消費によって速いペースの成長が続く可能性が 高いと予想した。また、人民元の柔軟性を拡大する方針をあらためて 確認した。

人民銀はさらに、政策金利、預金準備率、公開市場操作を景気の 制御およびインフレ期待の調整手段として使う考えを示し、「今は穏健 な金融政策が必要だ。内外で十分な流動性があるためだ」と説明した。

--Bonnie Cao, Yanping Li. Editors: Tom Kohn

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 守護 清恵 Kiyoe Shugo +81-3-3201-7499 kshugo@bloomberg.net Editor: Ryoji Uchida 東京 大久保義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net 記事についての記者への問い合わせ先: Bonnie Cao in Shanghai at +86-21-6104-3035 or bcao4@bloomberg.net 記事にについてのエディターへの問い合わせ先: Tom Kohn at +852-2977-6610 or tkohn@bloomberg.net

%CNY

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE