サウジ株は昨年5月以来の大幅下落-政情不安の拡大懸念で

29日のサウジアラビアの株式相場は、 政情不安が中東地域に拡大する恐れがあるとの懸念から昨年5月25日 以来の大幅下落。

サウジ証券取引所のタダウル全株指数は6.4%安の6267.22で終了 した。146銘柄中のうち上昇銘柄は1つだけだった。石油化学メーカー 最大手のサウジ基礎産業公社(SABIC)は7.5%安。

シュア・キャピタルのアムロ・ハルワニ氏は「中東地域全体で連鎖 反応を目にすることになるとの強い不安が投資家の間で起きている」と 指摘した。

29日の世界全体の株価指数は昨年11月以来最大の下げ。MSCI 世界指数は1.4%安となった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE