ムバラク政権:副大統領にスレイマン氏-デモで死者100人強

エジプトのムバラク大統領は29日、 副大統領にスレイマン国家情報庁長官を指名した。同大統領の退陣要求 デモが続く中で、権力を委譲する準備を行っている公算がある。

ムバラク大統領が1981年に就任して以来、副大統領の指名は初め て。同国の首都カイロの中心部では29日も夜間外出禁止令にもかかわ らず、大規模なデモが続いており、数都市で略奪が起きている。

同大統領はまた、シャフィク前民間航空相を新首相に指名したが、 今回の人事は退陣要求デモの沈静化には十分でない可能性がある。衛星 テレビ、アル・アラビアは匿名の治安当局者を引用して、エジプトのデ モによる死者が100人を超えたと報じた。どこでいつ死者が出たかは伝 えていない。

米国務省のクローリー報道官はツイッターを通じて、「ムバラク大 統領の改革の約束は、行動を伴う必要がある」とコメントした。

ホワイトハウスが電子メールで送付した声明によると、オバマ米大 統領は29日、エジプト情勢について国家安全保障チームのメンバーと 1時間強にわたって協議。

声明によれば、オバマ大統領は暴力に反対し、自制を求めるとした 上で、「エジプトでの政治的改革を前進させる具体的な行動を支持する」 とあらためて強調した。協議にはバイデン副大統領も参加した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE